大工さん

有限会社清友建設

Tel:0568-73-0680

-帯
トップページ > 外断熱

~~きららホームの“外断熱”~~

●断熱リフォームをしませんか

夏の暑さも、冬の寒さも寄せ付けない
だから、わが家はいつも快適、
だから、「家族が笑顔」
寒い冬も、じめじめ梅雨も快適をコントロール
だから、いやなハウスダストを追放、
だから、「家族が元気」
夏も冬も、省エネでばっちり
だから、「家計が大助かり」

私たちの“外断熱”なら、それが可能です

“外断熱”のお問い合わせはこちら

●夏涼しく、冬暖かい“外断熱”

まるで魔法びんのように住まいを包み込みます

「冬場、お部屋がなかなかあたたまらない」、「冷房の効きが悪く夏の電気代が気になる」、そんな住まいの悩みが、すっきりと解消できます。 それは、まるで魔法びんのように、暖かいものは暖かいままに、冷たいものは冷たいままに、家全体を保温するようなイメージです。

“外断熱”で断熱性能を高めれば、リビングから廊下、トイレ、お風呂まで、家全体の温度差が小さくなり、 あたたかい空間から寒い空間に移動したときに起こるヒートショックの心配も緩和されます。

私たちの“外断熱”は、断熱を目的としたリフォームに特化した工法です。
この工法は、既存の建物の外側に、断熱材をすきまなく貼り付けるため、高い断熱性と気密性を実現します。 しかも、断熱材をすきまなく貼り付けることで、二次効果として、防音性にもすぐれ、外部の音をほとんど遮断します。

“外断熱”のお問い合わせはこちら

●断熱リフォームなら、“外断熱(そとだんねつ)”がおすすめ

  1. “外断熱”とは

    「外張り断熱」ともいい、「内断熱」との対比*1として使われます。
    「内断熱」が建物の柱の間、つまり外壁の内側に断熱材を詰め込むのに対し、「外断熱」は建物の柱の外、つまり外壁の外側に断熱材を張り付けます。 この工法は建物全体を断熱材で包み込むような工法で、断熱効果が非常に高いとされています*2

    私たちがおすすめする断熱リフォームは、既存の外壁の、さらに外側に断熱材を張り付ける工法です。


  2. “外断熱”をおすすめするわけ

    「外断熱」にも「内断熱」にも、それぞれ長所と短所があり、一般的には左の表のような関係になっています。
    この表を見る限りでは、「内断熱」は無難な工法に、「外断熱」はハイリスク・ハイリターンな工法に見えます。

    ただし、これは新築注文住宅や全面的なリフォームに対して行った場合の一般的な評価であり、私たちがおすすめする、 断熱を目的としたリフォームには当てはまりません。

    言うなれば、私たちの「外断熱」は、一般的に言われる“弱点”を克服した、
    ローリスク・ハイリターンな工法なのです。

    「外断熱」と「内断熱」の比較
    「外断熱」 「内断熱」
    断熱材 発泡樹脂*3 グラスウール*4
    断熱性能 非常に高い 普通
    耐火強度 工法によっては、
    延焼に弱い
    関係なし
    耐震強度 工法によっては、
    低下する
    関係なし
    外壁
    への影響
    工法によっては、
    断熱材のたれや
    弛みが発生する
    工法によっては、
    外壁材の内側に
    結露が発生する
    コスト 高い 安い
    “当てはまらない”わけを見る▼


    *1 正確には、「外断熱」に対して「内断熱」、「外張り断熱」に対して「充填断熱」といいます。
    *2 正確には、「断熱材の厚さが同じであるならば・・・」の注釈が付きます。
       「内断熱」の場合は、柱の太さ分の厚みが確保できるため、断熱材を厚くすることができ、断熱性能もその分高く
       することができます。
       「外断熱」の場合は、柱の外側に断熱材を張り付けるため、断熱材の厚みが確保できない分、断熱性能の高いものを
       使用します。
    *3 「発泡樹脂」と聞くと、燃えやすく有毒ガスがでる、といったイメージを持ちますが、最近のものでは、難燃加工
       されたものも多くあり、最新の断熱材では、難燃性・防火性・耐薬品性などに優れ、不燃・準不燃材料の認定を
       受けているものもあります。ただし、新しい断熱材はコストが高く、まだまだ一般の住宅向けには普及してきて
       おりません。
    *4 もっとも一般的な内断熱材ですが、最近では「グラスウール」を使用した内断熱工法の問題点が明らかになって
       きており、他の新しい断熱材に切り替わりつつあります。ただし、新しい断熱材はコストが高く、まだまだ一般の
       住宅向けには普及してきておりません。


  3. “外断熱”は、わが家を守ります

    寒い冬、窓ガラスにびっしりと水滴が付き*1、それがたれてサッシが水浸しになっているのは、 誰もが経験していることでしょう。 これは、暖かく、水蒸気を多く含んだ室内の空気が、冷たい窓ガラスに触れ、水蒸気が結露して起きる現象です。

    要は、水蒸気があり、温度差があれば、これと同じことは家の中のどこででもおきる現象なのです。
    もし、これが目に見えない場所、特に壁の中で起きたら…。

    結露を放置しておくと、かびやダニが繁殖する温床になり、アレルギーなどの健康被害*2を引き起こします。 さらにひどくなると、建物の構造そのものにダメージを与えることも*3あります。
    私たちの“外断熱”では、外壁の外側に断熱材を、すきまなく貼り付けますので、外壁の内側に結露が発生することはありません。 たとえるなら

    わが家を、手のひらで包み込んだように守る感じ、と言えるでしょう。

    *1 最近では、水滴を放置した場合の建物への影響がクローズアップされ、ホームセンターなどでは、窓ガラスの水滴を
       取り除いたり、水滴がつかないようにするグッズが多数販売されています。グッズで、水滴が取り切れればよいの
       ですが、どうしても取り切れなかったり、おろそかになったりしてしまいます。
       外断熱を施工される場合は、あわせて窓の断熱も検討されることをおすすめします。
    *2 近年、カビの胞子、ダニの死骸やフンなどは「ハウスダスト」と言われ、これを吸い込むことによって引き起こ
       される、アレルギーなどの健康被害がクローズアップされてきています。カビやダニの発生を抑えるための、薬剤
       なども市販されていますが、目に見えないところや、手が届かないところまでは対応できないのが現状です。
    *3 実際に、壁の中の断熱が不十分であったために、外壁の内側にカビが繁殖するのと同時に、たれた水滴が、建物の
       基礎部分を腐食させていた事例があります。


  4. “外断熱”なら、住みながらリフォームできます

    私たちの“外断熱”では、標準的には次の工程でリフォームします。 このように、私たちの“外断熱”は建物の中で作業を行うことがないので、お客様はいつも通りの暮らしを維持したままリフォームができます。
    なお、一般的な戸建て住宅であれば、リフォームに要する期間は、約2週間程度*1であり、非常にスピーディです。

    Step1
    外壁の状態を調査する
    既設の外壁の洗浄後、外壁の状態、ひび割れ等の有無、目地のはがれ、などの状態を
    調査します。また、外壁内部の、結露などによるダメージの有無も、この工程で調査
    します。
    Step2
    外壁の補修を行う
    前工程の調査結果に基づき、外壁の補修、ダメージの拡大防止処理*2を行います。
    Step3
    断熱ボードをすきまなく貼り付ける
    断熱効果が非常に高いボードを、外壁の上にすきまなく貼り付け*3ます。
    Step4
    【重要】補強ネットを張り付ける
    断熱ボードの上に、次処理で使用する塗り壁材を定着させるための補強ネットを張り
    付けます。この、補強ネットと、次工程で使用する塗り壁材の組み合わせが、私たちの
    “外断熱”の最大の特色です。
    Step5
    塗り壁材で壁面を強化・装飾する
    前工程の補強ネットに練り込むように塗り壁材を塗りつけます。こうすることで、
    壁面を強化しつつ、さまざまな装飾を施すことが可能になります。
    Step6
    仕上げ材で仕上げをする
    仕上げ材は、撥水性・防汚性が高く、汚れが付きにいため、表面の美しさが長期間
    維持されます。また、仕上げ材は高い弾性をもち、耐クラック性に優れています。

    ※1 延べ床面積100平方メートル(30.3坪)を基準としています。
       天候、建物の形状、既設外壁の状況等により延びる場合があります。
    ※2 ダメージが大きい場合、別途、修繕のための工程が必要になることがあります。
    ※3 断熱ボードは、協力接着剤で張り付けるため、既存の外壁を傷つけません。
       また、この接着剤は気密性・防水性を高める効果もあります。


  5. 美しく、デザイン性に優れた外観

    塗り壁材で質感とデザインを、仕上げ材で色と光沢をさまざまに表現します。
    また、撥水性・防汚性が高いので、美しさが長期間維持されます。

“外断熱”のお問い合わせはこちら

●私たちは、最新の“外断熱”をご提案することで、
 お客様の笑顔と快適な暮らしを守ります

“外断熱”を導入されたお客様の声

  • エアコンの効きが良くなりました。電気代が節約でき、とっても助かっています。
  • 電気代が全然違います。特に冬などは昼間に太陽の光を室内に取り込んでおけば、
    夜寝るころまで暖かいんです。
  • 以前は脱衣所に結露があったんですが、今では全くなくなりました。居間からお風呂に
    入るまで、「寒い」と感じることはなくなりました。
  • なんとなく部屋の中まで明るくなった気がします。気持ちよく過ごせるようになって、
    やってよかったと実感してます。

“外断熱”のお問い合わせはこちら